エモーションフリーがわからない人のための、ビジュアルフォーカシング

ビジュアルフォーカシングとは?

 

本来、フォーカシングとは。

E.T.ジェンドリン(1926年)が開発した、心理療法心理療法・カウンセリングでも使われている、効果的な自己探索の方法で、自己受容・自己理解・問題解決・心理的成長・創造的活動に役立ちます。


自己内対話をしていくことで、自分自身の声に、気付くことができます。

 

そして、

本来のフォーカシングに、更に改良を加え。

よりスピーディーに、より痛みをなくしたテクニックが、

ビジュアルフォーカシングです。


・カウンセリング自体が、キツイ時。

・言葉には出来ない不快感を、

身体で感じる時。

言葉にならなくても、解放することが出来ます。


例)学校に行きたくない。

校門の前に立つと、気持ちがわるくなる。


そんな情報だけで、不快感に変化を与えることが出来ます。


嫌な気持ちを、聞き出されることに、うんざりしている方にも、おすすめです。

 

 

 

【セラピストとして使う場合】

エモーションフリーセラピストとして活動するにあたり

ビジュアルフォーカシングは必須です。

 

様々なお悩みを抱えているお客様にセッションをするにあたり、

エモーションフリーセッションの問題が見つけづらくなる場合が多数あります。

 

・ご自身のお悩みが整理ついていない場合

・途中で身体感覚を感じすぎて数値化出来ない場合

・セラピストにも話したくないことがある場合

・問題自体に蓋をして言語化出来ない場合

 

 

そんな時は、ビジュアルフォーカシングを使い、

まずクライアント様を楽にしてあげることが先決になってきます。

 

 

そうすることで、クライアント様は、セラピストとの距離またはエモーションフリーとの距離を縮められセッションが更にスムーズになってきます。

 

 

【セルフセラピーとしてご自身に使う場合】

 

エモーションフリーは言葉を使うセラピーです。

言葉自体に、抵抗があったり、自分の問題の抽出が出来ない場合は、エモーションフリーが難しいです。

 

それに比べビジュアルフォーカシングは、

身体の感覚(体感)のみ感じることができれば、解放できるテクニックです。

 

例えば、

そのことを思うと、胸が苦しい。みぞおちが重くなる。肩が重くなる。

そんな感覚にアプローチできる解放テクニックです。

 

こんな方にオススメ

・エモーションフリーがわからない方

・エモーションフリーの問題が抽出できなくなった方

・感覚はわかるが、言葉にできない方

 

 

なんとなくを具体化(言葉・フレーズ。数値化)できない場合に、

最適なテクニックです。