ビジュアルフォーカシング講座

ビジュアルフォーカシングzoomオンライン講座

 

  zoomを使ったオンライン講座になります。 

 

【日にち】 6月7日 (日) 

【お時間】 10:00〜16:00

【場 所】 ネット環境の整った場所からご参加ください。

 

カメラのついたスマホ・タブレット・パソコンから、ご参加ください。

 

 

 特典】

 

お時間のある方は、16時から17時で補講に参加できます。

 

「ご質問し放題」

時間軸のない「身体(ビジュアルフォーカシング)」

時間軸のある「言葉(エモーションフリー)」

の合わせた『考え方』で、

私が普段行なっている『時空を超えるセッション』のテクニックも

お伝えしていきます。

 

  

 

 

 

 

従来の「フォーカシング」に更に改良を加え、

よりスピーディーに、より痛みをなくしたテクニックが、

ビジュアルフォーカシングです。

こちらの講座では、

「フォーカシング」と「ビジュアルフォーカシング」両方が

取得できます。

 

 

『身体(心)から行動している人は、うまくいっている』

 

 

その観点から「自己調整」できるセラピーです。

ルールや、しなければならないことばかりを優先し

「生きている」といつの間にか、精神に限界が現れ知らず知らずのうちに

『限界』になり、

いつの間にか「身体」の負担や「感情の爆発」が、起こってしまいます。

 

 

健全な状態というのは、

「元気」「勇気」「やる気」「感謝」「優しさ」など

「人の中に存在すること」

が、他人から求められる前に、教えられる前に、身体の中から、

湧き上がってくる状態です。

 

 

 

人は、本来「その力」を持っているのですが、

その前に「不快」を感じすぎてしまうと、わからなくなってしまいます。

 

 

その毅然とした「不快」「不安」「否定感」「拒否感」「モヤモヤ」「ドキドキ」など、

言葉にする前・言語化する前に「人の中で起きている」

感じていることの「理解」を深めていくことが出来ます。

 

 

身体の感じ方と自分の考え方の「ズレ」を調整して

「自己一致」を目指していくことができるセラピーです。

また、他者との関わりとの「ズレ」も、痛みなく簡単に調整することができます。

 

 

【こんな方にオススメ】

カウンセリング自体がきつい方

言葉にはできない「不快感」など身体に現れやすい方

感じることが、わからない方

感じることが、わかりすぎて辛い方

自分または、人の気持ちがわからない方

対人関係がうまくいかず「回避」してしまう方

常に「ストレス性の身体の不調」がある方

 

 

 

 

過去のトラウマなどに対しても「言葉」にしなくてもアプローチが出来る

セラピーテクニックです。

セラピストとして活動するにあたり、悩みを聞かなくても

クライアントさまを「楽にする」ことが出来ます。

 

 

 

 

具体的に出来ることは?

・学校に行くことを考えるだけで「お腹」が痛くなってしまう

・その人といると、気持ちが悪くなる

・ずっと「苦しい」感じがある

・身体が緊張して、震えてしまう

・思い出せない「トラウマ」がある

・いつも「頭」が痛い

・エモーションフリーをするのがきつい

(病気ではないのに、身体の中から発生する痛みや不快感など)

 

 

 

 

この講座では、

本来のフォーカシングも使えるようになります。

 

 

フォーカシングとは?

E.Tジェンドリン(1926年)が開発した、心理療法 ・カウンセリングなどでも使われている

効果的な「自己探索」の方法。

自己受容・自己理解・問題解決・心理的成長・創造的活動に役に立ちます。

 

 

 

 

知識から習得するのではなく、

体験する(できちゃった)ことで

「すぐに使える・できる」内容の構成になっている講座です。

 

 

 

 

 

  

¥66,000

  • お申込み頂けます。

ビジュアルフォーカシングzoom 再受講